「優等生」って英語でなんて言う?

優等生、優秀な人は英語でどう表現する?

優等生の定義。

これは所属する組織によって
様々だと思いますが、

・成績の良い人
・真面目で一生懸命
・ちゃんと結果が出せる人

という点はどこでも共通するかと思います。

さてこの「優等生」
英語ではどう表現すればいいでしょうか?

学校の優等生

まずは、学生。

お勉強が良くできる。
またはみんなの模範となるような
真面目で一生懸命な生徒が「優等生」になると思います。

一般的には

an honor student

が「優等生」に当たりますが、
模範的な生徒というニュアンスで

a role model for other students
a role model for others

などを使っても良いと思います。

社会やスポーツなどでの優等生

「生徒」でなくなっても
「優等生」というニュアンスが
使われることがあります。

この場合は、
ちゃんと結果が出せる人という意味で

a high achiever
an overachiever

覚えが早く優秀という意味で

a quick learner

他の人の模範という意味で
以下の表現も引き続き使えます。

a role model for others

決まり文句に頼らず
状況に合わせて
適切な表現を簡単な単語を
組み合わて作るだけで
十分伝わりますよ♪

ちなみに「劣等生」は….

「優等生」の反対は、
「劣等生」ということになりますが、

a high achieverの反対で
underachiever

a quick learnerの反対で
a slow learner

のような感じになります。
あまり積極的には使わないですけどね…

 

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク