「優等生」や「劣等生」って英語でなんて言う?

「優等生」や「劣等生」って英語でなんて言う?

「優等生」や「優秀な人」は英語でどう表現すればいいでしょうか?

反対の「劣等生」は英語ではどんな表現になるでしょうか?

優等生とは

優等生の英語訳を考える前に、そもそも優等生の定義を整理してみましょう。

優等生(優秀な人)の詳細定義は所属する組織によって様々だと思いますが、だいたい以下のような感じだと思います。

  • 成績が良い
  • 他の人の模範になる
  • ちゃんと結果が出せる

学校の優等生

学生の優等生の定義はわかりやすいですね。

  • an honor student:(勉強やスポーツなどの)成績が良い
  • a role model for other students:他の生徒の模範となる優等生

あとは具体的に、功績や態度を褒める表現を使ってもいいと思います。

社会での優等生

社会に出て「優秀な人」とは、ちゃんと結果が出せる人なので、以下のような表現が適切です。

  • a high achiever
  • an overachiever
  • a quick learner
  • a role model for others

もちろん、上記の表現は学生(優等生)に対しても使えます。

決まり文句に頼らず、状況に合わせて優秀な部分を褒めれば、優等生の意味になります。

ちなみに「劣等生」は….

「優等生」の反対は「劣等生」はどう表現すればいいでしょうか?

  • a high achiever
  • ↑ ↓
  • underachiever

  • a quick learner
  • ↑ ↓
  • a slow learner

こんな感じで逆にしてみましょう。

英訳が難しい日本語カテゴリの最新記事