気持ちよくて立てないは Cannot Stand ?

「できない」の捉え方の違いが引き起こした
爆笑!ナチュラルコント

とある海外ブランドソファの展示販売の際に起こった爆笑事件!

カタコトの日本語ができる
外国人オーナーと
日本人のお客さんとの間の会話が
爆笑コント並みに面白かったのでシェアします。

 日本語と英語のニュアンスの違い、
「できない」の訳し方に対するヒントになるので、
是非参考にしてみてください。

爆笑!ナチュラルコントの全貌

その海外ブランドソファは
リラックスをウリとしたものです。

一度座ったら、もう立てなくなるくらい
気持ちいい、ベットと機能的ソファとの
中間ぐらいの構造です。

そう、一度座ると気持ちよくて立てない..

立てない。。。。
つまり、立ちたくないなくなるくらい気持ちいい

この感覚、
いちいち説明しなきてもわかりますよね….

そして、言いたくなりますよね。
「もう立てない」
って。

そのお客様も
お試しの際に最高の感想を
おっしゃってくださいました。

「あーーこれ一度座ったらもう立てないね—-」

そして、これを聞いたオーナーは
なんと驚きの返しをします!!

「こうやれば簡単に立てますよ!」

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんと!
最高の褒め言葉をくれたお客様に対し、
頼まれてもいない、
立ち方のレクチャーをしてしまったのです!!

カタコトの日本語がわかるオーナーは、
「立てない」という言葉に対して、
リラックスした姿勢のままでは
立ち上がる方法がわからず、
立つことが物理的にできない、
と言ったのだと考えて、
「こうやると立てますよ」
と立ち方のレクチャーをしたのです。

その結果……

普通にお客様に
「そういう意味じゃない..」
と突っ込まれていました(笑)

できないはCannotではない?

でも、この絶妙なニュアンスの違いって
外国人には難しいんだなと思った事件だったので
改めて
「できない」を英語で表現する方法について考えてみました。

できないを英語で表現する際に、
最初に思い浮かぶのは、
Cannotだと思います。

ですが、Canが能力や可能性に対して使う言葉なので、

Cannotは、

そのことを行う能力
または
このことが起こる可能性がない

ことを示す表現になります。

なので、先ほどみたいに
気持ちよくて立てない
場合には、cannnotをつかうのは適切ではありません。

立ち上がるための能力がないわけでは
もちろんないですからね^^

(もちろんジョークや大げさな表現方法として
あえて使うのはアリです。)

では、どう言えば適切かというと
いくらでも言い方のバリエーションは考えられますが、
例えば、こんな言い方ができます。

It is too comfortable to stand.
(ほら、昔習った too 〜to…構文ですよ! )

とか

I totally relax with this and don’t want to leave.
(これは気持ちいいから離れたくないっていう表現に変えたもの)

あなたならどう表現しますか?

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

スポンサーリンク

コメントを残す