応援する「頑張れ」は英語でなんていう? 「Good luck」「Go for it」「Hung in there 」の違いは?

応援する「頑張れ」は英語でなんていう? 「Good luck」「Go for it」「Hung in there 」の違いは?

スポーツや試験など何かを頑張っている人は心から応援したくなります。


そんな時日本語では「頑張って!」という万能フレーズがありますが、英語で「頑張って!」に対応する言葉やフレーズにはどんなものがあるのでしょうか?

「頑張って!」は英語で何?

英語には日本語みたいにあらゆる場面で万能に使える「頑張って!」はありません。

状況によって表現が変わりますので、「まず覚えたい3つの頑張れ表現」と「状況別の使い分けフレーズまとめ」を作ってみました。

是非参考にしてかっこよく使い分けてください!

相手の幸運を祈る「頑張って!」は「Good luck」

「Good luck」は「グットラック」とそのまま日本語でもよく使いますし、「頑張って!」 = 「Good luck」と覚えている人も多いと思います。

「Good luck」は「(思いがけない)幸運」という意味の名詞。

相手の幸運を祈る表現をフルセンテンスにすると「I wish good luck to you」で、これを省略した形で「Good luck」と相手に伝えることで、相手を激励・応援する表現になります。

日本語で訳すと「頑張って!」にもなりますが、「うまくいくといいね」と願う「頑張って!」というのがポイント。

もちろん、試験の合格や具体的に可能性のあるものにも使いますが、動詞が「wish」なので、「まあ、無理でしょう….」というような非現実的な願いや努力に対しても使われているケースも(結構)あります。

自分が言われた時相手がどう思っているかは、ニュアンスで感じ取るしかありません….

返答は「Thank you.」で十分。

相手に幸運を祈ってね!って言いたい場合は、「Wish me luck!」なんてオシャレな表現も使えます。

何かを頑張っている相手や挑戦している内容を聞いて漠然と「頑張って!」と言いたい場合は、「Good luck with that.」が一番よく使う表現です。

  • 具体的な人を指して表現した時は「Good luck to (人).」
  • 具体的な物事を指して表現した時は「Good luck on (物事).」
  • 抽象的な物事を指して表現した時は「Good luck with (物事).」

困難な状況の人を励ます「頑張って!」は「Hung in there !」

「hang in」はもともと負けそうな状態や辛い状態の時に乗り越えようとする表現で、「あきらめずにがんばる」という意味の自動詞としても使われます。

hang in there=To persevere despite difficulties.

「there」を後ろにつけて「Hung in there !」(命令文)として激励を表す表現になります。

「there」は「現在置かれている状態」のことで、「今直面してる状況は困難だけど、あきらめずにがんばれ!」というニュアンスの「頑張って!」です。

「今諦めなければ、近い将来よくなるよ」という意味も込めて相手を励ます際に使うことも多く、スポーツの応援でもよく使われます。

相手に声をかけるだけでなく自分自身の辛く大変な状況での奮闘状況を表現する際にも幅広く使える表現です。

「Hung in there !」は、スポーツなどの応援の時や苦難な状況で頑張っている相手を励ます時にも使えて、以下のフレーズと同じニュアンスになります。

  • Don’t give up!
  • you can do it!
  • Go for it!

「Hung in there !」は自分自身が頑張っている状態を表現する時にも使えて、How are youに対する返事として「がんばってるよ」「いい感じでやってるよ」という意味で「(I am )Hang in there」と返すとクールな感じです!

失恋や失敗などで落ち込んでいる相手を励ます時にも使えて以下のようなフレーズと同じニュアンスになります。

  • Give it time.
  • You will be OK.

こんな訳もあります(笑)

ちなみに、アクション映画などで血だらけの相手が死にそうな時に「Hang in there!」と叫ぶシーンもあります。

日本語訳すると「死ぬなー!」って感じしょうか….極限の頑張りです。

挑戦する人を後押しする「頑張って!」は、「Go for it!」

「Go for it」 は直訳すると「それに向かって行け」となり、何かに挑戦をしようとしている人に対して「やってみなよ」というニュアンスで使う「頑張って」です。

スポーツなどいい調子の相手に対して、「いいぞ!そのまま行け!頑張れ!」といニュアンスの応援でよく使われます。

また、相手を促す「どうぞ」という意味でも使います。

「頑張って!」状況別表現集

上記で紹介した3つ以外にも「頑張って!」として使える表現は色々あるのでよく使われるフレーズをまとめてみました。

相手の幸運を祈る 「頑張って!」

  • Good Luck !
  • これから新しいことを始める人に使う 「頑張って!」

    • You can do it!
    • You can make it!
    • Go for it!
    • My best wishes!

    何かに取り組んでいる人への 「頑張って!」

    • Keep it up !
    • Keep going!
    • Hang in there!
    • Don’t give up!
    • You can do it!
    • Stick to it
    • Stick with it

    落ち込んでいる人に対する 「頑張って!」

    • Take it easy.
    • You’ll be all right.
    • Chill out
    • Don’t push yourself too much.

    直訳すると日本語の「頑張って!」とは逆の意味になりそうですが、落ち込んでいる人を励ます意味での「頑張って!」にはこれらの表現が適切だと思います。

    スポーツの時の 「頑張って!」

    • Go ◯◯!
    • Let’s go ◯◯!

    相手を励ます表現はみんな「頑張って!」になる

    状況に応じて相手を思いやる言葉が「頑張って!」

    日本語でも「頑張って」いる人を応援する言葉がいつも「頑張れ」とは限りません。(頑張っているのに頑張れというと負担に感じる人もいます。)

    決まり文句にとらわれず気持ちをそのまま表現すればちゃんと相手に思いが伝わります。

かっこいいフレーズカテゴリの最新記事