2017年7月2日

Vol.4 Noを名詞の前につけるだけで否定は簡単に伝わる!

スマートに断る方法

ビジネスでも日常でもよく使う鉄板フレーズの英語版を
紹介していくコーナー第4段は、否定表現です。

曖昧は一番よくない

日本人は断るのが苦手で、
なんとなく曖昧にするのが得意。

でも例えばアレルギーなどで
食べれないものがあったり、
どうしても受け入れらない苦手なものがあったり、
やりたくないものがある場合は
きちんと伝えないと
気を使ったつもりで
相手に迷惑をかけてしまう場合があります。

そんな時、状況に応じて
詳しく英語で説明できれば一番いいのですが、
難しいことを考えなくても大丈夫。
必殺技があります。

お断りの必殺技

Noを名刺の頭につけるだけで
オールマイティに否定表現ができます。

例えば、玉ねぎ(onion)が苦手で
食事の時やレストランでオーダーする際に
伝えたい時は…..

“2017/07/087625. “You” =”l”]
No onion please.

 

誘いを断りたいたいときや
急いでいる時、
打ち切りたい時は……

“2017/07/087625. “You” =”l”]
I am sorry.No time.

No 名詞(断りたいもの)で
便利で簡単に伝わります。

愛& 感謝!

id=”341″ title=”質問”]

You may also like...