世界で活躍する【海外で仕事する】ために英語よりも大切なこと

世界で活躍する【海外で仕事する】ために英語よりも大切なこと

英語が苦手でも、留学したことがなくても、外国企業や外国人を相手に仕事を楽しんでいる人がいます。

グローバルに活躍するために必要なのは、本当に英語なのでしょうか?

英語ができれば世界で働けるわけじゃない

外資系で働いている、海外で仕事をしている、外国企業を相手にビジネスをしている、など外国人相手のビジネスをしている人たちは、当然、基本のコミュニケーションは英語で行っています。

世界の共通語は英語なので、グローバルにビジネスをしたい、仕事がしたいと思うのであれば、英語でのコミュニケーション能力は必須です。

この話をすると、彼らはさぞかし英語が堪能なのかと期待されますが実はそうでもありませんし、そうとう英語勉強したでしょうと思われるかもしれませんが、実はそうでもありません……

通訳や言語学者など、英語のプロフェッショナルとして働くのではない限り、英語力自体はグローバルビジネスにおいて最優先事項ではありません。

海外で働きたい人から聞かれる質問

このサイトの管理人は、グローバル企業の日本進出支援をしていますが、勉強したと英語と言えば中学と高校のベーシックな英語だけです。

TOEICも英検も受けたことないですし、語学留学経験もありませんが、多業種の外国企業と仕事が始められたし、年々英語力以外で経験値や評価が増えるので優良なクライアントは増え続けています。

英語力自体がものすごく高いとはとてもいえませんが、コミュニケーションは問題なく取れるし、言いたいことはちゃんと伝えられるし、メールなどテキストコミュニケーションは(余計な言い回しが不要な分)日本語より早く打てます。

海外(外国人相手)で仕事をしていると言うと必ずされる質問があります。

  • どうやったら英語を使ってビジネスができるようになるの?
  • どうやったらビジネスで使える英語を話せるようになるの?

答えはその人の希望や現状によって異なるのですが、確実に言えることがいくつかあります。

言語には2種類の側面がある

英語に限らず、言語をマスターしようと思ったら、必ず以下の2つの側面から自分に必要な習得すべきスキルを考えなければいけません。

  • 学問としての英語
  • コミュニケーションの手段(道具)としての英語

学問としての英語は、いわゆる学校でやるようなお勉強(文学としての英語)のことで、文法・単語・英語という文化に関する知識などが含まれ、基本的に覚える知識です。

コミュニケーションの手段(道具)としての英語は、英語力というより英語を使ったコミュニケーションスキルのことで、スポーツなどと同様に練習して身体に染み込ませて(習得して)いくものです。

学校のテストでいい点数が取れても、英語を使った仕事やコミュニケーションができない人が多いのは、学問としての英語の知識はあっても使い方を練習していないからです。

逆に、言語問わず言葉をコミュニケーションツールとして使いこなせる人は、英語の知識がなくても、Google翻訳などのツールを活用したり、ジェスチャーなどを駆使してコミュニケーションはどうとでも取りますし、ビジネスだって必要に応じて通訳を使ったりしてなんとでもこなせてしまいます。

グローバル社会で英語より重要なもの

もちろん理想は、【英語力】x【コミュニケーションスキル】でどちらも高ければ高いにこしたことはないですが、外国企業を相手にビジネスをするために外国人とコミュニケーションをとるということを目標にした場合、重要なのは
【英語コミュニケーションスキル】>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>【英語力】
です。

更にいえば、【英語コミュニケーションスキル】よりも重要な根本的なスキルがあります。

重宝されるのはむしろ日本語力

まず、そもそも同じ日本人同士であったとしても、自分ができることをあえて人に任せる理由はありません。

外国企業と仕事をしようとしている以上、「英語でコミュニケーションできます!」なんていうのは、日本で仕事する際に「日本語話せます!」とアピールするようなものなので全く意味がありません。

むしろ、英語がネイティブ並に上手であることよりも日本人としての視点を持ち、日本語コミュニケーションスキルに長けている人だからこそ重宝されます。

なぜなら、彼らに足りないものを補えるからです。

必要な英語力はすぐに上達する

コミュニケーションは共有するビジョンや目的があって初めて成り立つもので、日本人同士で日本語使っていても、知らない人やなんの共通言語(文化)も無い人とは会話が上手く成り立たちませんよね?

コミュニケーションをする上で大切なのは、学問的な言語力よりも共有するビジョンや目的なので、それらがはっきりしていれば、英語を学ぶ範囲も限定されてモチベーションもあるので、必要な英語力はビジネスをしながらすぐに上達します。

結局重要なのは君にできること

まず根本的に、留学しなくても、英語がものすごく上手くなくても、外国企業を相手に仕事ができる理由は、相手の価値に貢献できるもの(スキル・知識・経験・キャラクターなど)があるからです。

日本企業であっても、そもそも求めるスキル・知識・経験・キャラクターなどを持っていない人とは、誰も一緒に仕事をしたいと思いません。

コミュニケーションに一番大切なのは、共通の知識やビジョンがあること(相手の知識やビジョンを正しく理解すること)であり、ビジネスに一番大切なのは、自分の強みを生かして相手に貢献することです。

学問としての英語力は、ビジネスやコミュニケーションをより円滑にするかもしれないけれど、重要なアピールポイントにはならないということ。

もちろんレベルが高くてデメリットはないかもしれませんが、大きなアドバンテージにもなりません。

もし、英語を勉強すれば海外で働けると思っているなら、根本的に考え方を変えましょう。

日本人の英語力は実は高い

実はいろいろ問題ありといわれているものの、日本の英語義務教育のレベルはすごく高い(求める英語力レベルが高い)です。

そのため、学校の英語の成績が悪いと劣等感を感じて英語恐怖症に近い人が多いですけど、義務教育で学んだ英語だけでも十分に英語でコミュニケーションが取れるのでもっと自信もっていいと思います。

日本語でも専門用語や難しい言葉が飛び交う場面が限定されているように、英語コミュニケーションでも難しい表現や単語を頻回に使うような場面は限られますので安心してください。

簡単な言葉で適切に要点をまとめて話せることの方が難しい単語や文法を知っているよりもよっぽど重要ですし、わかりやすくシンプルな表現を使いこなせる方が優秀だと評価される場面も多くあります。

グローバルで働くための英語学習法

語学としての英語を勉強しようとするより、自分に何が必要なのか、どこをどう伸ばせば自分のグローバルな社会的価値を高められるのかをきちんと考えた上で、必要なポイントにフォーカスすれば、誰でもすぐにビジネスで使えるレベルの英語力はつけられます。

難しい単語を覚えるよりも、自分が興味の持てることや伸ばしたいスキルを英語を使って実践・表現できる場所を見つけて、どんどん英語コミュニケーションを実践していきましょう!

スキルと英語コミュニケーション力が同時に伸ばせて最高の投資になります!

英語学習法カテゴリの最新記事