【グローバルで活躍できる存在感を出す!】自分を魅せる2つのコツ

【グローバルで活躍できる存在感を出す!】自分を魅せる2つのコツ

日本人と日本人が特にスタイルやビジュアルに憧れを持つ欧米人を比較した時、どこか日本人が見劣りする印象を感じたことはありませんか?

単純に骨格や構造が欧米人の方が大きめということもあるのですが、それ以上に存在感に影響する重要な要素が2つあります。

堂々としたした人に魅せるコツ

持って生まれた構造的なものではなく、普段の意識や心がけは外見に大きく左右します。

堂々とかっこよく自信があるように魅せ、良い意味での存在感を増すためには、以下の2つの要素が重要です。

姿勢

日本人には猫背で姿勢が悪い人が多いです。

猫背など姿勢が悪いと、まず第一印象が悪くなります。

視線がどうしても下に向くので、相手にネガティブな印象を与え続けます。

バレエでは目線を下に向けるのは乞食の役の時だけといわれているくらい、目線を下に向けると印象が悪くなり、ビジネスパーソンとしては信用されません。

姿勢は今すぐ誰でも意識して変えていけます。

最初は少し難しいかもしれませんが、正しい姿勢が普段からできるようになると、特別な運動をしなくても健康効果やダイエット効果も期待できます。

姿勢に関しての詳しい情報はこちらのサイトを参照して、グローバルで活躍できるパワーとビジュアルをセルフデザインしましょう。

自分で自分をケアする健康・医療情報!
こちら!
大人の美活動!
こちら!
かっこいい男の作り方!
こちら!

笑顔とアイコンタクト

目があった瞬間、相手に笑顔を向けられる人は日本人にはほとんどいません。

礼儀的な挨拶は得意ですが、普段のちょっとした瞬間に相手の存在を認め、笑顔で挨拶や「ありがとう」の一言がスッと出てこない人が多い。

入り口やエレベーター、公共交通機関などで道を譲れなかったり、相手を気遣うひとことが言えなかったり、自分に余裕がなくて感情や思いをしまい込んだり、周りに対して壁を作ってしまう傾向が強い気がします。

日本では「以心伝心」で伝わることも、グローバルでは積極的に発信しなけれな何も伝わらないし、そこにいる人としてすら認めてもらえません。

ちょっとした場面で笑顔で目を見て相手と向き合う

難しいことを言わなくても、簡単な挨拶や感謝の言葉と相手の名前を呼ぶだけでもいい。

相手を認めて向き合うちょっとした配慮と思いやりで、存在感は大きく変わります。

こちらも参考に!
一瞬で好感度UP!外国で待遇がよくなる特効薬

魅せ方・振舞いカテゴリの最新記事