日本人特有の「ベジタリアン」感 「魚」は、「肉」?

ベジタリアンって何?

日本人は、ハロゥインにしろ、クリスマスにしろ
外国の祝日を「本来の意味」を理解しないままに
イベントとして楽しむのがとても得意です。

これと同様に、最近日本に住む外国人と話をしていて、
日本人は非常に特有の「ベジタリアン感」を持っていることに
気がついたので、そのことについてシェアしてみたいと思います。

「魚」は、「肉」じゃない?

日本に住む外国人がみんなが大きく首を縦に振った事実。

外国人
日本人は魚を肉(動物の筋肉)だと思っていない

✔️日本人が魚が好きであり日常的によく食べること
✔️刺身を代表に、魚料理が有名であること

これはほとんどの外国人がよく知っています。

ただし、
外国人にとって、「鳥獣の肉」か「魚(の肉)」かはほぼ同じポジションですが、
日本人にとって、「魚」は非常に独特なポジションにあります。

彼らがそう思った理由は、ほとんどの日本人が

ベジタリアン = 鳥獣肉を食べない人

と考えていることだそうです。

ベジタリアンだから、
と牛、豚、鳥などの鳥獣の肉は食べないけれど
魚(の肉)は普通に食べる。

彼らから見ると、魚も牛、豚、鳥などと同様に「肉」の一種なので
とても違和感を感じるそうです。

外国人
それ、ベジタリアンじゃなくて、単に家畜の肉を食べないだけじゃん。

っていうのが彼らの意見。

そもそも日本人でベジタリアンを正しく理解している人って
確かに少ないと感じます。

ハロウィンやクリスマスみたいに
日本独自の概念が生まれている
そして普通に受け入れられてしまう、
これは日本の素晴らしさと考えていいのかもしれません。

では、ベジタリアンの正しい定義って
一体何なのでしょうか?

ベジタリアンの正しい定義ー
ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違い

ベジタリアンとは、英語でVegetarian
日本語に訳すと菜食主義者になります。

菜食主義なので、野菜しか食べない人かと思いきや
実はいろんな考え方があるみたいです。

以下は一部の例ですが、
他にも宗教上の理由やその他多くのカテゴリーに分類されています。

フルータリアン  木の実(果物・ナッツ類、木になる野菜)しか食べない。  究極です。もう自然と一体化した「悟り」の領域!
ビーガン(ヴィーガン) 鳥獣の肉、卵、魚介類や副生成物を一切食べない。 はちみつ、ゼラチンなど、少しでも動物が関与するものはNG!
 ラクト・オボ・ベジタリアン  肉・魚は食べないが、乳製品や卵は食べる。  少し制限が緩めのベジタリアン
 ペスコ・ベジタリアン  肉、卵、乳製品は食べないが、魚介類は食べる。  日本人のベジタリアン感に近い!
 ノン・ミート・イーター  肉は食べないが魚介類は食べる。  まさに日本人のベジタリアン感!
 ポゥヨゥ・ベジタリアン 鶏肉だけOK。他の肉はNG。  豚肉のみNG、牛肉のみNGというのも宗教的な理由であります。
セミ・ベジタリアン  肉をなるべく食べないようにしている  もうなんでもありですね!

こうしてみると、日本人、間違ってない!!
というか基本的になんでもありなんですね—-

まあ、食なので、楽しみを大切にしつつ
自分の信条や環境、体調などに合わせて柔軟に対応したいですもんね。

ちなみに、飛行機の機内食のリクエストの時も
いろんなビーガン、ベジタリアン食の種類があるので
試してみると面白いですよ  *^^*

ベジタリアン、ビーガンになる理由

ちなみに、人々がベジタリアンになるきっかけは
主に以下の3つが多いようです。

1:アレルギーや病気改善や健康のため
2:自身の考え方、信条、宗教的理由
3:環境的要因

ベジタリアンはどちらかというと身体の健康改善目的で
その後、その良さを実感した人が、
心の健康や動物愛護や地球環境等にも目を向けて
より厳格なビーガンになる、
という流れが多いように感じます。

そしてビーガンになると、
食だけでなく、
着るものや住まい、
衣食住すべてのライフスタイルにおいても、
動物性の素材を使用しない
動物愛護と地球環境を信条とする
「エシカル・ビーガン」になる人たちもいます。

ここまでくると本当に厳格で、
革製品の靴やバッグ、ウールの服はもちろん、
シルクの下着やファーのコート、革の財布なども使いません。

洗顔料、ボディーソープ、コスメも
動物性油、ハチミツ、牛乳、卵の成分が抽出されていないものを選びます。

一見完全植物性の白砂糖も避けます。
精白・精製するために、「骨炭」という牛骨粉が使用されることがるからです。

生活全般において「動物性の素材を使わない」
生き方そものもがビーガンになります。

ベジタリアンとビーガンの語源

ちなみにベジタリアンの語源はベジタブルにあると思いきや、
ベジタリアンのベジとはラテン語のvegetus(ベジェトゥス)が語源で、
「健全な」「新鮮な」「活力のある」という意味だそうです。

今から170年前の1847年に発足した
英国ベジタリアン協会で初めて使われた言葉です。

一方、ビーガンという言葉は、
1944年イギリスでビーガン(ヴィーガン)協会(The Vegan Society)が
設立された際に命名されたとされています。

日本のベジタリアン事情

日本料理は基本的に昔からベジタリアン料理が基本でした。

精進料理に代表されるように、
野菜類、穀類、海藻類、豆類、木の実、果実など
生臭物(肉、魚介類)を使用しない料理です。

精進という言葉は、仏の教えによって仏道修行に努めることなので、
ビーガンやベジタリアンの基本は
動物愛護(殺生を避ける)と健康維持にあるのは
世界共通、昔から変わらない事実のようですね。

更に、明治維新の頃までは、
米飯に一汁一菜の粗食が基本であり、
祝いの日に魚を食べる程度。
まさにベジタリアンでした。

ただ、日本料理の場合、やはり魚は特別なものであり、
肉や魚動物性食品を使っていないようでも
出汁にカツオなどの動物性食品が使われていることも多いです。

宗教的な理由や厳格なビーガンの場合、
出汁の動物性や白砂糖もNGなので、
原材料までしっかりチェックしないといけない場合もあります。

日本の食事は美味しいと世界中で評判ですが、
厳しいビーガンの人は、外食だと食べれる場所が少ないのが現状です。

東京などの外国人が多いエリアを除くと結構お店見つけるの大変です(汗)
インド人とか….
宗教上の理由で色々厳しいんですよ…..

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク