留学しなくても英語が話せて外国企業を相手に仕事ができる理由

グローバルに活躍するために必要なのは英語なのか?

私のビジネスのひとつに、
外国企業が日本でビジネスを展開するためのサポートがあります。

当然、基本のコミュニケーションは英語です。

この話をすると、さぞかし英語が堪能なのか、
と期待されますが、
実はそうでもありません…..

そうとう英語勉強したでしょう…
とか聞かれるけど、
実はそうでもありません……

勉強したと言えば、
中学と高校のベーシックな英語だけ。
(でもこれ大事!)

旅行は大好きだけど、
留学経験はありません……
(だって一般的な語学留学って
ただの海外遠足…..)

TOEICも英検にも
全く興味がありません…..
(だって大事なのは、
点数よりも自分がやりたい分野で
英語が使えることでしょ?)

TOEICも英検も受けたことないですけど、
留学経験もないですけど、

多職種の外国企業と仕事ができているし、

年々経験値や評価が増えるので、
優良なクライアントは増え続けています。

コミュニケーションは問題なく取れるし、
言いたいことも言えるし、
メールも(余計な言い回しが不要な分…..)日本語より早く打てます。
(日本語って世界一難しい言語だと思います…..)

 

よくある質問の答えを考えてみました。

そんなわけで、最近、というか昔からですけど、
以下のような質問をよくもらいます。

Aさん
どうやったら英語を使ってビジネスができるようになるの?
Bさん
どうやったらビジネスで使える英語を話せるようになるの?

答えは、その人の希望や現状によって異なるのですが
ひとつだけ確実に言えることがあります。

それは、英語を必ず以下の2つの局面から見ることが必要だということです。

1:学問としての英語
2:ビジネスやコミュニケーションの手段(道具)としての英語

1は、いわゆる学校でやるようなお勉強のことです。
文法や単語、英語という文化に関する知識や敬意などが含まれます。

2は、英語力とは関係ありません。

使い方なので、スポーツと一緒で練習が必要です。

1のスキルが優秀で2のスキルが無い人は、
学校のテストでいい点数が取れても、
英語を使った仕事やコミュニケーションはできません。

逆に、2が優秀な人は、1のスキルがなくても、
今の時代は、Google翻訳などのツールを使いこなしたり、
ジェスチャーなどを駆使すれば、コミュニケーションはもちろん、
ビジネスだってある程度であればできてしまいます。

 

グローバルで活躍するために英語よりも重要なもの

もちろん1のスキルも2のスキルも両方あった方がいいですが、
外国企業を相手にビジネスをする、
外国人とコミュニケーションをとるということを目標にした場合、

必要なスキルは

2>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>………………1です。

そう考える理由は以下の通りです。

 

理由1:必要なのはむしろ日本語力

まず、そもそも日本人同士であったとしても、
なんのスキルも無い人と仕事したいと思いますか?

外国企業と仕事をしようとしている以上、
“英語話せます”、なんていうのは、
日本で仕事する際に、
“日本語話せます!”とアピールするようなもの。

“で………….?” って話です。

大事なのは、売りとなる仕事のスキルはもちろんのこと、
日本人としての視点やむしろ日本語力”
だったりします。

なぜなら、
彼らに足り無いものを補えてこそ、私の存在価値があるから
です。

 

理由2:学問としての英語力なんて、
あとからいくらでも追いついてくる

必要な会話というのは、
共有するビジョンがあって初めて成り立つもの。

日本人同士だって、知らない人、
なんの共通点も無い人と会話できないし、

例えば医学の知識が無い人が、
日本語の医学論文読んだって、
全く意味わかりませんよね?

逆に医学の知識があれば、
英語力は不十分でも
英語の医学論文は結構読めてしまったりします。

 

結局大事なのは、”君、何ができるの?” 

まとめると、

コミュニケーションに一番大切なのは

共通の知識やビジョンがあること
(相手の知識やビジョンを正しく理解すること)

であり、

ビジネスに一番大切なのは、

自分の強みを生かして相手に貢献すること

です。

学問としての英語力は、
上記のポイントをより円滑にする手段にすぎない
ということです。

レベルが高いにこしたことは無いですが、
なくても問題無いですし、
続けているうちに自然に追いついてくるものです。

実は日本の英語義務教育のレベルって
すごく高い(求める英語力レベルが高い)ので、
学校の英語の成績が悪いと劣等感を感じて
英語恐怖症に近い人多いですけど、
もっと自信もっていいと思います。

そして、語学としての英語を勉強しようとするより、
自分に何が必要なのか、どこをどう伸ばせばいいのか、
をきちんと分析した上で効率的な学習を行えば、
誰でもすぐにビジネスで使えるレベルの英語力はつけられると確信しています。

大事なのは学習方法を探す前に、
自分が求めるものと現状のギャップを見つけること。

そうすればやるべき効率的な学習方法は自然と見えてきますし、
特に勉強しなくたって、必然的に英語力は上がっていきます。

 

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク

コメントを残す