スポーツをする時の「Play」「Go」「Do」の違い

スポーツをするという表現では
「Play」「Go」「Do」どれを使う?

スポーツをすることを表す場合、
日本語では「する」の一言になりますが、
英語では基本的にスポーツの種類によって
「Play」、「Go」、「Do」の3つの動詞に分かれます。

「Play」+スポーツ
「Go」+スポーツ
「Do」+スポーツ

今日はこの違いについて
整理してみます。

「Play」を使うスポーツ

・球技
・競争相手がいて勝ち負けがあるスポーツ

テニス(Tennis),野球(Baseball),サッカー(Soccer),ゴルフ(Golf)
などです。
対戦相手がいるチェスやオセロなどゲームでもPlayを使います。

また、「Play」には単純に
楽しむ、遊ぶというニュアンスもあります。

「Do」を使うスポーツ

・格闘技
・ボールを使わないスポーツ
・レクリエーションとして楽しむスポーツ

ヨガ(Yoga),空手(Karate),柔道(Judo)
などです。

「Go」を使うスポーツ

・スポーツ名を表す単語をそのまま動詞として使える場合
・スポーツ名を表す単語にingを付けてそのまま動詞として使える場合

ランニング(Running),サーフィン(Surfing),水泳(Swimming)
などです。

まとめ

あまり細かくきにする必要はないし
間違っても通じます。

でも法則を覚えておくと
安心かもしれないですね。

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク

コメントを残す