【ESTA申請】アメリカ観光ビザ(電子渡航認証 )申請方法と注意事項

【ESTA申請】アメリカ観光ビザ(電子渡航認証 )申請方法と注意事項

アメリカ観光にビザは必要?

申請方法と注意事項をまとめました。

アメリカ観光にビザは必要?

日本国籍・観光目的・空路(飛行機)で入国する場合、90日以内の滞在にはビザ(査証)は不要です。

電子渡航認証が必須

入国にビザは不要ですが、渡航前に電子渡航認証が必須です。

電子渡航認証とは、インターネット上で事前に渡航情報を登録して米国当局から入局許可を得るシステムで、電子ビザなどと呼ばれることもあります。

簡易的でも手続きして許可を得る必要があるので、観光のためのビザと考えた方がわかりやすいですね。

ESTA:アメリカ電子渡航認証のやり方

ESTA申請方法や条件は、在日米国大使館・領事館の公式サイト(日本語)で解説されていますので、参照してください。

アメリカ ESTA 電子渡航認証のやり方
アメリカ ESTA 電子渡航認証ガイド(日本語)

公式申請ページ

代行サイトに注意

ネットでESTA申請方法やアメリカの観光ビザなどのキーワード検索すると、ビザ申請に関する情報がたくさん出てきます。

  • アメリカ,観光ビザ
  • ESTA,エスタ

ほとんどがビザ申請を代行する業者サイトで、まるで公式のように書いている代行業者サイトもたくさんあります。

代行業者を使うと高い手数料を取られるだけでなく、実際にうまく登録が完了せず当日飛行機に乗れなかったと言うトラブルをよく聞きます。

在日米国大使館・領事館の公式サイトに日本語ガイドがありますので、公式サイトから手続きするようにしましょう。

出入国関連の注意事項

短期間でも海外へいくのであれば、パスポートの有効期限(残存期間)もチェックしておきましょう。

パスポートの有効期限も入国条件に定められていて、電子渡航認証が完璧に完了していてもパスポートの有効期限が切れていたり十分な残存期間がなれば渡航できません。

滞在期間ギリギリではなく、滞在中や滞在前に残存期間が6ヶ月未満になるようであれば、パスポートを更新してから申請しましょう。

また、過去に電子渡航認証をしていて有効期限内であっても、パスポートを更新した場合は再度申請が必要なので、注意してくださいね。

その他にも、往復航空券を所持している事など、その他の入国要件や、陸路・海路でアメリカとカナダを行き来する場合も条件は異なりますので必ずチェックしてください。

状況や条件は変化する可能性がありますので、必ずご自身の責任で公式サイトを確認してください。

在日米国大使館
こちら!

カナダ観光ビザについてはこちら
【eTA申請】カナダ観光ビザ(電子渡航認証)申請方法と注意事項

観光ビザ情報カテゴリの最新記事