「For sure」 と「Sure」と「Yes」と「Of course」の違い

「For sure」ってどんな意味?

ネイティブと会話をしていると

「For sure」

という返答を良く聞くのですが、
さて、これはどういう意味でしょうか?

会話の中での「For sure」の使い方

「For sure」を口語として
会話の中で使う場合、

「確かに」
「もちろん」
「はい」

と、相手が言ったことの
返事として使います。

「For sure」 と「Sure」と「Yes」と「Of course」の違い

会話の中での肯定返事だとすると
同じような日本語訳になる

「Sure」
「Yes」
「Of course」

との違いが気になるかと思いますので、
その違いについて説明します。

特にSureとOfcouseの違いについては
トラブルになりやすいので
その意味の背景にあるものをしっかりと理解して
おくようにしましょう。

まず「Yes」
これは単なる肯定です。

これが「Sure」になると
そこに話す人の確信がある肯定になります。
(I am sure)

「For sure」は
文中では、話されている物事に対しての確信になりますが、
会話の中で使われる場合、sureとほぼ同じ意味で
使われると考えてください。
(ただフォーマルではないので、親しい間柄にとどめてください。)

注意が必要な「Of course」は、
日本語訳すると違いがわかりにくいですが
(っていうか全く同じですが….)
中身が違います。

まず、「Sure」には
「確信している、確かな、間違いない」
という意味があるので、

相手の意見や依頼に対して賛同する意を込めた肯定

になりますが、

「Of course」の場合、
「とるべき方向にある、正しい方向にある」と言う意味から

相手の意見に対して“当然”“当たり前”と言うニュアンの入った肯定

になります。

このニュアンスの違いの理解は
とても重要です。

少し、極端に違いを説明すると
同じ「もちろん」でも
その背景にある気持ちは

「Sure」:おっしゃる通りです。かしこまりました。
「Of course」:そんなの当然でしょ。言われなくてもわかってるよ!

くらい違います。

例えばレストランで注文したときに
ウェイターが
「Sure.」と返事することがあっても、
「Of course.」
と返答することはありません。

また、
「Of course.」には
当然という意味が含まれるので、
自慢するようなニュアンスになる場合もあります。

つまり、自分にとって当然でも
相手にとって当然でない物事に対する返答に
「Of course.」を使ってしまうと
相手を不快にさせてしまう場合があるのです。

注意してくださいね。

まとめ

口語表現はその背景にある意味を
正しく理解して使うようにしたいですね。

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク

コメントを残す