【ピンインと声調】中国語発音の基礎知識

【ピンインと声調】中国語発音の基礎知識

中国語語の発音をマスターするための基礎中の基礎となる前提知識:【ピンイン】【4声・軽音】など、1番最初に抑えておきたいポイントについてまとめました。

中国語の発音ってどんな感じ?

中国語の文法は単語の活用がなく非常にシンプルで、ほとんどの漢字の読み方は一つだけです。

だから、漢字になじみにある日本人にとって中国語の字面を覚えるのは簡単なのですが….発音に苦戦します。

中国語の場合、発音の高低で同じ音でも意味(当てはまる漢字)が変わるので発音が正しくできないと当然ながら通じません…..

中国語語の発音をマスターするための基礎中の基礎となる前提知識やまず抑えておきたいポイントについて説明します。

【中国語発音攻略】2つのポイント

中国語でコミュニケーションをするためには正しい発音をマスターする必要があり、その際にポイントとなるのは、4種類の声調と独特の発音表記である「ピンイン」です。

中国語【4種類の声調】とは?

声調というのは文字通り「声のトーン」のことです。

日本語でも「はし」には「橋」と「箸」、「あめ」には「雨」と「飴」、「きかん」には「期間」「気管」…..などなどなど同音異義語がありますが、微妙に声のトーンが違いますよね?

中国語では4種類の声のトーンの変化で意味の違いを表現しますが、四声をイメージ図で表すとこんな感じになります。

中国語発音表記「拼音(ピンイン)」

中国語の声調や発音は「ピンイン」というアルファベット(ローマ字)で記号をふるルールがあります。

英語の発音記号と同じように確認しながら、正しい綺麗な発音をマスターすると通じやすくなります。

中国語四声の「拼音(ピンイン)」表記

「a(ア)」という音を第1声~第4声で表記すると以下のようになります。

声調 拼音(ピンイン)
第1声 ā
第2声 á
第3声 ǎ
第4声 à
軽声 a

記号の向きの発音のイメージが似ているので覚えやすいですね。

4声の他に「軽声」という軽くポンっと出すような発音もあり、記号なしで表記します。

また、以下のように声調によって意味が変わりますので、中国語においてピンインと合わせて声調(トーン)がとても重要であることがわかると思います。

第1声 第2声 第3声 第4声
mā(妈) má(麻) mǎ(马) mà(骂)
お母さん ののしる

中国語の声調

まず中国語の声調についてひとつずつ整理します。

中国語第1声(ā)

中国語の第一声は高い音を維持し続けます。

子供が悪態をつく時の「イー→→→」とか電話が悲しく切れて「プー、プー→→→」とか鳴っている感じですがイメージとしては近いと思います。

結構集中力と体力を使う発音で、気が抜けて音が下がると第4声になってしまいがちなので注意しましょう。

中国語第2声(á)

中国語の第二声は中音から一気に高音へへ引き上げます。

「ええっ↑↑↑」とか「本当に〜↑↑↑」のように最初は大げさな位上げて練習するといいです。

音を上げるのには体力を使うので、気を抜くとうまく発音できなくなります。

中国語第3声(ǎ)

中低音から少し下げて少し上げます。

「あ~あ↓↑」とがっかりした時の音に近く、思いっきり下げると勝手に音が上がるので、最初にしっかり下げるのがポイントです。

第二声との区別するためにも上げようと考えずに、しっかりと下に下げることに意識を集中した方が正しい発音になりやすいです。

中国語第4声(à)

高音から一気に低音まで落とします。

カラスが「カア」と鳴く時の声にかなり近いです。

意識しないと音は自然と下がるので比較的簡単ですが、第1声との違いを意識しながら行うとより違いが明確になります!

軽音

軽音は声調ではなく、連続して発音する時に起こる音の変化で、前の音に続いてポンと置くようなイメージで発音します。

音に幅(長さ)はないのですが、どの音に続くかによって高さに違いがあります。

前の声調 軽音の位置
第1声の後 ストンと中音あたりまで落ちる
第2声の後 ストンと中音あたりまで落ちる
第3声の後 少し上がる
第4声の後 同じか少し下がる

ざっくりですが、イメージ図にするとこんな感じです。

基本とルールを正しく理解したら、あとはひたすら練習あるのみです。

中国語のピンイン

coming soon

 

 

 

 

 

 

ピンインと四声の違いを意識して、覚えたい言い回しや表現のシャドーイングを繰り返しましょう!

 

 

 

基礎文法と発音(ピンイン )カテゴリの最新記事