ニューヨーク NY チップ社会での子供のお金の稼ぎ方

NYは地下鉄にもエンターテイメントが?

NYのマンハッタン島は
アメリカでは貴重な、
車がなくても徒歩で楽しめる街で
地下鉄路線も充実しています。

金融や経済の中心であるだけでなく、
エンターテイメントがぎゅっと詰まった
観光客にも人気の魅力的な街です。

そんなニューヨークの地下鉄の中で
ちょっと衝撃的な現場に立ち会ったので
記録しておきます。

NY地下鉄内のキッズショー?

目的地に向かうために地下鉄へ。

特に混み合っているわけではなく、
座ってのんびりとしていました。

すると…..

3人の5歳位の小さな男の子が
入ってきました。

こんな小さい子供だけで
地下鉄に乗るなんて、都会だな–
なんて思いながら、見ていると、
何と!!

その3人の男の子は
突然歌を歌い始めました。

しかも、
ものすごく上手でした。

単純にその歌声に聞き惚れて、
しっかり最後まで見届けること数分。

拍手でもしようかと思ったその瞬間、
事件は起こります。

無料….な訳がない!!

1曲歌い終わると
3人の男の子は、
別々に車両を歩き回りました。

最初何をしようとしているのか
わかりませんでしたが、
地下鉄の大人の乗客の何人かが
子供達にチップを渡していました。

笑顔でもなく、
子供達に
「Thank you」
「Good」
など褒めるような言葉を伝えるでもなく、
目すら合わせずに、
少額紙幣をその子たちに差し出していました。

子供達は、
小さく「Thank you」
と言ってお金を受け取ると、
3人まとまって、
次の車両へと消えて行きました。

日本にはない衝撃….

この時点でやっと子供たちの意図が
理解できました。

彼らは地下鉄を使って
お金を稼いでいたのです。
日常的に。

逃げることができない
動く短時間の密室内で

自分たちの歌を
(強制的に)聞かせて
その対価(チップ)をもらう。

これが彼らのお金の稼ぎ方です。

アメリカはチップ社会ですが、
こんなに小さな子供のうちから
自分の力で稼ぐ方法を見つけ出している
たくましさに衝撃を受けました。

世界に出ると、
観光客を対象にした
ぼったくりのようなことは
普通にあります。

小さな子供達が必死で
何かを売ってお金を得ようとします。

もちろん彼らには販売するに
十分なものを仕入れたり
準備する、
お金も知識もコネもないので、

結果的には
騙しやぼったくりになります。

取引の際に笑顔が生まれない
お互いにとって
満足できる取引ではないことも
確かです。

でも、
そうせざるを得ない環境があること、
そして
その中で、自分ができるもの
持っているものを
何とかお金に変えようとする力は
学ぶべきものがあると強く感じます。

また社会の中に
何か変えるべきものがあるのではないか、
とても難しい問題に
ここでも
直面した気がしました。

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

スポンサーリンク

コメントを残す