モンゴル大使館とアメリカ大使館の違いに驚いた話

モンゴル大使館とアメリカ大使館の違いに驚いた話

先日、所用にて在日アメリカ大使館と在日モンゴル大使館に
同じ日に出向いたのですが、
その違いがあまりに面白かったのでシェアします。

アメリカ大使館のセキュリティ検査!

アメリカに行ったことがある人は良くご存知の通り、
空港でのセキュリティチェックがかなり厳しいですよね。

なんと大使館の入場の際にも
ほぼ全く同じセキュリティーチェックがあります。

食べ物や飲み物も一切持ち込み禁止ですし、
飛行機より厳しいのは、
電子機器(iPhoneやipad、パソコンなど)も大使館内持ち込み禁止!

本当に最小限必要なものしか持ち込めません。

手荷物全ての赤外線チェックはもちろんあり、
セキュリティーゲートも2回通らないといけないので、
ベルトをしている場合はその都度外さなければいけません。

2回目のセキュリティーゲート通過前には、
念入りな手荷物チェックもありました。

流れとしてまとめると、以下のような感じです。

Step1:本人確認(ゲートの外!!)
ID(パスポートか運転免許証)を提示して目的を告げる

Step2:荷物検査/セキュリティーチェック
持っている荷物は全てX線でチェックされ、電子機器は全てお預け。
食べ物飲み物もお預け。(荷物タグをくれます)
その間に人間はセキュリティーゲートの下を通過して、
ボディチェックその1。

Step3: 身軽になってもう一度セキュリティチェック
本館のエントランスでもう一度手荷物チェックと
セキュリティーゲートでのボディチェックその2。

無事目的地に到着!

ちなみに、同行した方が記念に写真を撮りたいとおっしゃるので、
大使館をバックに写真を撮ろうとしたら、
速攻、警備員さんに速攻止められました。

 

アメリカ合衆国のお隣のカナダ国の在日大使館では、
Step1しかありません……

その後に向かったモンゴル大使館での衝撃!

モンゴル大使館は、いわゆる大使館エリアからは
少し離れた場所にあります。

多くの大使館が結構わかりやすい場所に
デン!と構えているのに対して、
モンゴル大使館は
住宅街にひっそりと隠れるようにありました…
(ちょっと迷いました…)

入り口にゲートはあるものの、
警備員はいません。

アメリカ大使館の後なので、
少しビビリながら、インターホンを押すと、
普通に、まるで知人を招き入れるかのように

「どうぞ」と。

ゲートに鍵はかかっておらず、
入り口にもセキュリティーロックなどはなく、
ロビーまで直進。

特に受付もなく、
窓口で個々に声をかけるシステム。

そして、入り口が緩いだけでなく、
システムも手続きも緩く………

散々待たされた上に、
結局何もしてもらえなかった!
と激怒している人が何人もいました………

所変われば常識が変わる

モンゴルはとても穏やかでフレンドリーな国。

日本人がモンゴル人やモンゴル大使館に対して色々感じることがあるように
モンゴル人も日本人に対して、独特の感情を持っています。

日本人はみんな同じような服装で表情も変わらないので、
声をかけにくいと言っていました。

あと、海外から日本に来た人が必ず言うのが、
「みんなジロジロ見る」

なんか悪いことしたのかな。。と
不安になるくらいジロジロと見られるのが不快だと言います。
ジロジロ見る癖に、いざ話しかけようとすると逃げていく。

日本に来る外国人は、みんな日本が大好きで、
日本人と仲良くなりたいって思っています。

ジロジロともの珍しそうに見ないで、
普通に接するのが大切だなと思います。

そのためには言語を含め、敬意を持って
海外の文化を知り、
日本の文化を知る姿勢が大切なのかな、
と改めて思いました。

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク

コメントを残す