日本でお金をかけずに使える英語力をつける方法

英語もやっぱり基礎が大切

基礎があれば飛躍は簡単

英語教育が低年齢化されますね。
よく日本の英語教育は、読み書きばかり、
会話(Speaking とListening)にはつながらないので、
ダメという人がいますか、
個人的には日本の英語教育のレベルはかなり(無駄に?)高い
という難点はあっても、
会話(Speaking とListening )にも
必要不可欠な英語教育ではあると思います。

日本語の場合でも同様ですが、
“相手に通じればいい”
と考えれば、
文法がめちゃくちゃでも、
敬語ができなくても、
単語が少し間違っても、
特に問題がありませんが、
やはりきちんとした基礎力(語彙、文法)がある人に比べると、
表現力が乏しくなるので、
会話ができる範囲が狭くなってしまいますし、
特にビジネスの場面では
大きなチャンスを掴むことはできません。

小学校、中学校で習う基礎英語は、
日本語の基礎を学ぶのと同様に、
言葉を学ぶという観点からいえばとっても重要。

スポーツにも社会にも、学校にも、家庭にも、
ルールがあるように、
言語にもルールがあるので、
それに従うことはマナーであり、
やっぱり外せない土台です。

どんなことにも共通しますが、
土台がしっかりしていればしているほど、
上にも横にも広げやすいし、安定します。

英語で言えば、
もちろん語彙力や文法がめちゃくちゃでも、
ある程度相手に自分の言いたいことを伝えたり、
相手の意図を汲み取ったりすることはできますが、
語彙力や文法力がしっかりしていれば、
会話(Speaking とListening )はとても簡単で、
話の展開も内容もコントロールできるようになります。

日本にいると、どうしても会話(Speaking とListening )の機会は作りにくいですが、
ラジオとか、映画とかのフレーズをリピートしてみたり、
大好きな洋楽を歌ってみたりすれば、
一人で、部屋の中で、誰にも見られることなく、いくらでも練習できます。
(これは実際に私が使える英語力を習得した方法です!)

英語ができるだけでチャンスは100倍!

英語が自分で操れるようになると、
英語で情報を取り入れることができるので、
入ってくる情報の数が、圧倒的に増えます。
(日本語を話し、書く人よりも
英語を話し、書く人の方が
圧倒的に多いからです。)

海外旅行へ行っても、
日本語で情報を探す場合と
英語(または現地語)で情報を探す場合とでは、
値段に雲泥の差がありビックリします。
(要は、日本語しかできなければ、
海外で相当ボッタクられているということです。
まあ通訳を雇ったと考えれば妥当なのですが、
そういう事実があるということを知ることがポイント!)

言語に関しては、
話せれば、いいじゃん、
通じればいいじゃん、
っていう側面もあるけど、
結局しっかり基礎がある人が
最後には飛躍して勝つっていうのは、
スポーツなどと一緒で世の中の普遍原則なのです。

基礎を学んでにかく練習する。

最初は下手でもとにかく、聞いて、喋って、ひたすら練習する。

義務教育で何年もかけてせっかく一生懸命勉強した
英語の基礎があるのだから
有効活用しないのは本当にもったいないです。

英語の基礎を生かす方法=英語で会話ができるようになる方法
となるように是非練習する機会を作りたいものです。

環境は与えられるものではなく、自分で作るものです。

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク

コメントを残す