頑張れ!と訳される hanging in there(here) の正しい使い方は? 

「頑張れ」は英語でなんて言う?

日本語の便利な決まり文句
「頑張れ」

これを英語で表現しようとした時

hanging in there(here)

が用いられることが多いです。

もちろんこれは間違いではないのですが、

hanging in there(here)

には、日本語の「頑張れ」よりも
もうちょっと深い意味が込められています。

また、状況に応じて
他にも場面に適した
「頑張れ」の表現方法があるので
合わせて紹介してみたいと思います。

上手く使えるようになると
表現力がグッとアップして
ネイティブっぽくなるので
是非マスターしてください♪

hanging in there(here) の本来の意味は?

hanging in there(here) は
負けそうな状態や辛い状態の時に
乗り越えようとする表現になります。
hang in there
=To persevere despite difficulties.

hanging in there(here)
相手に声をかけるだけでなく
自分自身の辛く大変な状況での奮闘状況を
表現する際にも使えます。

実際に良く使われるのは
以下のような3つの場面です。

1:スポーツなどの応援の時や
苦難な状況で頑張っている相手を励ます時

don’t give up!
you can do it!

などでも同じ意味になります。

2:自分自身が頑張っている状態を表現する時。

I am hanging in here
自分が大変だけど、なんとか諦めずに
頑張っています。

という表現になります。

3:失恋や失敗などで落ち込んでいる
相手を励ます時

Give it time.
You will be OK.

などでも同じ意味になります。

PS(爆笑必須)
…とある有名英語翻訳サイトには…

こんなん、アリ??

ま、間違ってないけど….

Hanging in there!!!

 

質問受付

個別には返信できませんが、
次回以降の内容や、
FAQ作成時に反映させていただきます。

できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、
率直なご質問ありがとうございます。
大変励みになっています。

愛& 感謝!

スポンサーリンク